試験対策に・・・超脳活性記憶術の秘密

『望みどおりの試験に受かる人とは・・・?』

記憶術,イメージ記憶,右脳学習,勉強法,試験対策

この手紙は以前の私のように「超凡人」でありながらも
絶対に合格しなければならない「超難関試験」に
挑もうとするあなたへ向けて書いた手紙です。

 

偏差値41でありながら東大を目指し合格した

私の秘密を全てありのまま公開しています。

もしあなたの目指している試験が

「越えられそうにもない壁」に見えるなら、

今すぐこの手紙を一語一句漏らさずに読んでください。

 

あなたの関心があろうとなかろうと
全て読み終える頃には日本の学習スタイルに
嫌悪感を抱いてしまう可能性がありますが…


根性型勉強法から一刻も早く卒業したいあなたへ…

記憶術,イメージ記憶,右脳学習,勉強法,試験対策

突然ですが、今から1年後に控えている、
ある難関試験に合格しなければ大切な家族・恋人と
一生会えなくなるとしたらあなたはどうしますか?

 

当然必死になるとは思いますが

あなたの現在の学力は1年やそこらで

合格水準には到底及ばないと仮定して考えてください。

 

体に鞭打ち、栄養ドリンク片手に一日20時間勉強しますか?

 

評判の良い講師が在籍する、某有名予備校(資格学校)の

短期集中コースを申し込みますか?

 

親御さんにお願いしてトップクラスの家庭教師を雇い、

マンツーマン体制で効率良い受験生活を目指しますか?

一般的な受験対策としては

上記の3つが「王道」といわれています。

 

どれもが一見良さそうに見えますが

蓋を開けると結局は同じです。

 

何が同じなのかというと・・・

「脳の使い方」です。

 

どんな良い勉強法を他人から学んでも

それを学習するのはあなた自身の「脳」です。

 

「病は気から」と同じようなもので、

いくら素晴らしい勉強法を見つけても

脳の正しい使い方をしなければ

良い結果を出すことはできないでしょう。

 

私ならこうします。

 

毎日の睡眠時間を5分だけ削り、

その5分を記憶術のイメージトレーニングに使います。 

 

それを3週間続け、その後覚えるべき知識を

常人の11倍以上のスピードで記憶し

常人の30倍以上の問題集を解き

短期間で圧倒的な知識を得ます。

 

私は現在48歳ですが、今から1年後に
全く経験の無い難関な試験に合格しなければ
死ぬと言われたら、迷わずこの方法を使います。

 

そして急病や交通事故など

思わぬアクシデントに見舞われない限り

確実に合格する自信があります。

 

今からこの手紙であなたにお話していく内容は、

一見うさんくさそうな、そんなお話です。

 

ですが、読んでいくうちにそれは魔法でも何でもなく、

極めてシンプルなのに ほとんどの人間が使っていない

(というか知らない)脳の使い方を知っている人

なら誰でも習得できる(当然あなたも)ものだと

いうことに気が付くでしょう。

 

ちなみに記憶術と言っても、

インターネットで検索し有象無象に出てくる

記憶術とは 全く違います。

 

私が、高校3年の時から30年かけて完成させた

宮口公寿オリジナルの記憶術ですから。

 

この手紙以外で目にすることはできません。

 

それにあなたに向けて書いた

一度きりの手紙ですから集中して読んでほしいと思います。

 

記憶術をマスターした後の圧倒的な

スピードで知識を吸収している自分を

疑似体験できるはずです・・・

 

まずは、私が記憶術をマスターするまでに

至った経緯をあなたにお話させてください。

 

⇒記憶術の最高峰「宮口式記憶術」
⇒マスターへの道のり